NEW

佐々木俊尚の映画『スティーブ・ジョブズ』評:“天才的なデザイナー”の片鱗が描かれている

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 アップル社の共同設立者であるスティーブ・ジョブズが、1984年のMacintosh、1988年のNeXT Cube、1998年のiMacという3大製品のプレゼンテーションを行う直前の舞台裏にスポットを当て、その人物像を描き出した伝記映画『スティーブ・ジョブズ』が公開されている。ウォルター・アイザックソンによる伝記を原作に、『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がメガホンを取り、『ソーシャル・ネットワーク』のアーロン・ソーキンが脚本を手がけた本作は、ITの革命児・ジョブズのどんな側面を切り取っているのか。IT・メディア分野に詳しい作家・ジャーナリストの佐々木俊尚氏に、本作の魅力を語ってもらった。

「“指揮者”としてのジョブズの姿勢が浮き彫りになる映画」

ーー本作は1984年のMacintosh、88年のNeXT Cube、98年のiMacという3つのアップル製品の新作発表会の裏側を描いた、いわゆる“内幕モノ”です。ジョブズの人間性はもちろん、仕事へのスタンスや抱いていたヴィジョンも想起させる内容でした。

佐々木俊尚(以下、佐々木):ジョブズが共同設立者の一人であるウォズニアックに対して、小沢征爾の指揮の素晴らしさを引き合いに出し、「君は演奏家で、私は指揮者だ」と言っていたのは、彼が果たした役割をうまく端的に表していたと思います。ジョブズはOSなどを開発する技術者ではなく、コンピューターの外観を設計するデザイナーでもなかったため、当時は「何も発明していない」と批判されることも多かったです。しかし、実際に彼が残した功績は、その後のIT産業の考え方に大きな影響を与えました。

続きはこちら