NEW

“アイドルの恋愛禁止問題”を描いた小説『武道館』を生んだ「つんく♂」のメッセージ!「アイドルが性欲を持ってもいい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

tsunku_01_160305.jpg
「つんく♂ オフィシャルサイト」より


 朝井リョウ原作の小説『武道館』(文藝春秋)が、ハロー!プロジェクトのアイドルJuice=Juice主演でドラマ化され話題を呼んでいる。

『武道館』は、「NEXT YOU」という架空のアイドルグループが数々の困難にぶち当たりながらも、グループとして長年の目標だった武道館ワンマンライブを行うまでの道筋を描く物語だ。その過程で彼女たちには、恋愛禁止問題、“体型”問題、ネット炎上、「接触商法」と揶揄されるCDの売り方に対する世間からの批判といった、現実世界のアイドルにも襲いかかるリアルな問題が降りかかり、作中ではそれらの事件に対しての彼女らの心情が生々しく描写されている。

 朝井リョウは、「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)2015年6月号にて、石田衣良、柚木麻子と共にハロプロの楽曲を絶賛したり、つんく♂の歌詞を深読みして分析したりと、熱量の高いアイドルファンとして知られる存在ではあった。しかし、なぜ彼はこのような物語を紡ごうと思ったのだろうか。そこには、恋愛は認めず、少しでも太れば糾弾し、匿名であることをよいことにネット空間で罵声を浴びせ、どこまでも彼女らを追いつめるファンたちに対する違和感があった。文藝春秋のウェブサイト「本の話WEB」のインタビューで彼はこのように語っている。

「アイドルが人間っぽいことをしているとすごく怒る人がいる、ということがとても不思議なんです。なんで彼氏がいたら怒るんだろうとか、なんでいいブランドのカバンを使っているだけでそんなに怒ることができるんだろう」