NEW

桜井ユキが語る“遅咲き”のメリット「24歳までに経験したことが演技の引き出しになっている」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 桜井ユキが出演するクライムサスペンス映画『フローレンスは眠る』が、TOHOシネマズ日劇にて現在公開中だ。同族企業の内情にスポットを当て“フローレンスの涙”というブルーダイアモンドをめぐる男たちの争いを描いた本作で、桜井は誘拐犯と共謀するヒロイン・氷坂恵役を演じている。2015年、桜井は石井岳龍監督作『ソレダケ/that's it』や園子温監督作『リアル鬼ごっこ』などに出演し、2016年には月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ)に抜擢されるなど、いま勢いのある女優のひとりだ。現在29歳の桜井は、本作にどのような心境で臨んだのか。

■「恵に対しては共感と一緒に嫌悪感も覚えました」

ーー今回演じた役・氷坂恵に対する印象を教えてください。

桜井ユキ(以下、桜井):人に対して壁があるタイプで、ネガティブな側面も強い人物だと感じました。一見つらい思いを経験してきたように見えますが、彼女が受けている不幸は自分で引き寄せたものであって、誰かに作られたものではない。なのに、自分は可哀想な女だと悲観しているところは、ちょっと無責任だなと。共感できる部分もありますが、一人の人間として彼女をみた時に「なんてずるい女なんだろう」と思うこともありました。

続きはこちら