NEW

米アカデミー賞は本当に日本の映画興行に影響をもたらさなくなったのか?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 先週末初登場1位となったのは、春休み映画恒例の『ドラえもん』最新作、『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』。土日2日間で動員54万4816人、興収6億3703万5600円という数字は、最終興収39億3,000万円を記録した前作『のび太の宇宙英雄記』の初週興収(6億4,473万5,500円)の98.8%と、このシリーズ特有のすさまじい安定感を証明している。

 『ドラえもん』映画の第1作目『ドラえもん のび太の恐竜』が公開されたのは、今から36年前の1980年3月15日のこと。そして、驚くべきことに興収的には、30年以上が経過した2010年代に入ってから再びピークを迎えている。シリーズ最高興収作品は2013年公開の『のび太のひみつ道具博物館』の39億8,000万円だが、低調な仕上がりだった前作よりも作品の評価が高く、またオリジナル版『のび太の日本誕生』(1989年)に愛着のある大人の観客の集客も見込める本作は、36年目にしてシリーズ新記録樹立の可能性がかなり高いと予想しておこう。

続きはこちら