NEW

医師の犯罪に甘い日本 脇坂英理子はこの先も医師として生きていける!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

new_wakisaka.jpg
脇坂英理子オフィシャルブログ「おしえて〜Ricoにゃん先生」より

 診療報酬不正請求の疑いで9日に逮捕された医師の脇坂英理子容疑者(37)。翌日のワイド番組は軒並み「タレント女医」の転落双六を報じていたが、明けて3月11日は東日本大震災から5年目の日。彼女の豪遊映像を再び流すTV局はさすがに見当たらなかった。しかし、脇坂容疑者の医師としての将来はどうなるのか?

「年収5000万円だけど貯金ゼロ」とか「(ホストクラブで)一晩で最高900万円使った」と豪語する派手な装飾面を剥がせば、かの女医が犯した罪は至ってシンプル。斯界では「昔からよくある古典的な手口」と鼻にもかけない類いの「詐欺」である。しかし、日本の国民皆保険制度を支える健康保険の基金は、保険加入者全員による法定上の掛け金であり、公金として管理されるべき共同財産、事実上の「税金」だ。よくある手口で仕掛け自体は単純なだが、その罪は非常に重い。

保険医の登録を取り消されてもへっちゃらな医師たち

 今回のような不正請求をした場合、厚生労働大臣は健康保険での診療ができる保険医の登録を取り消すことができる。経済措置としては原則5年分を遡って返還が求められ、保険医の再指定も5年間は拒まれる。裏返せば「5年経てば」再指定が可能となる。中には5年未満の実例もある。

 じつは保険医取り消し処分を受けた医師が生き延びる道は幾通りもある。