NEW

ひとりでニヤつき、異常なテンション…! 逮捕の美人女医の姿に「昔はこんな子じゃなかった…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイト トカナより】

0311rikonyan.jpg
※イメージ画像:脇坂英理子オフィシャルブログ「おしえて〜Ricoにゃん先生」より

「年収は5000万円」「ホストクラブでひと晩900万円使った」とテレビ番組で豪語していた女医タレントの脇坂英理子容疑者が9日、診療報酬の不正請求による詐欺容疑で警視庁に逮捕された。

 警視庁によると、同容疑者は2012年11月から2014年9月まで、会社役員・早川和男被告(詐欺罪で公判中)らと共謀し、経営するクリニックの患者の治療回数を水増しした虚偽の診療報酬明細書を都内などの8自治体に提出するなどし、診療報酬約155万円をだまし取った疑いが持たれている。およそ2年間で不正請求した総額は6,900万円にのぼるという。

 一連の診療報酬事件で警視庁組織犯罪対策4課は昨年11月以降、住吉会系組長や歯科医師の重松武容疑者ら20人超を逮捕。ニセ患者を集めていたとして、お笑い芸人のしあつ野郎の名前も報じられた。脇坂容疑者は取調べに「弁護士が来るまで話さない」と供述している。

 事情を知る関係者は、「脇坂容疑者は千葉・船橋にクリニックを開業し、その後、東京・目黒区に移転した。船橋のビルには逮捕された重松容疑者の会社も入っていた。脇坂容疑者は重松容疑者に多額の借金があり、開業間もなくして不正請求に手を染めたようだ。一部ではふたりが“特別な男女の関係”だったという話もある」と明かす。

 また、テレビでは“破天荒セレブ”を演じていた脇坂容疑者だが、このところは日々の生活もままならぬほど困窮していたようだ。

続きは【トカナ】で読む