NEW

『恋人たち』プロデューサーが語る、“作家主義の映画”を成功させる方法

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 スペースシャワーTVにて『フラッシュバックメモリーズ3D』、『劇場版BiSキャノンボール』、『私たちのハァハァ』などの話題作を手がけてきた高根順次プロデューサーが、映画業界でとくに面白い取り組みを行っているキーマンに、その独自の施策や映画論を聞き出すインタビュー連載「映画業界のキーマン直撃!!」。第3回は、2015年に数々の映画賞を総なめにした橋口亮輔監督の最新作『恋人たち』のプロデュースを手掛けた、松竹ブロードキャスティングの深田誠剛氏と小野仁史氏を直撃。同作に取り組んだ経緯のほか、現在の映画業界にて「作家主義」の作品を生み出す意義や、それを実現するためのアイデアを聞いた。(編集部)

■深田「監督の“作家性”を重視したかった」

高根:松竹ブロードキャスティングで『恋人たち』を制作することになった経緯を教えてください。

深田:私は4〜5年前に松竹株式会社の映像企画室にいまして、プロデューサーをしていたんですけれど、自分の企画が進まなくて追い詰められていたんですね。やりたい企画と、会社の方向性に大きなズレもあった。当時の仕事では、作る映画の規模が最初からある程度決めらていて、たとえば製作費と宣伝費がいくらなら、興行収入がいくらという感じで企画を考えなければいけなかった。そうなると、原作がどれだけ売れていて、起用する役者にどれだけ人気があって、テレビ局や広告代理店からはどれだけ出資を受けられて……ということが映画や脚本の内容よりも優先されるわけです。私自身は映画を観る時、監督の作家性を楽しみたいと思っていたタイプだったので、そうした映画作りの考え方に疑問を抱いていたのですが、そういう疑問をもってしまうと、仕事が立ち行かなくなるんですよね。これ以上この職場にいても迷惑だろうと、会社を辞める準備をしていたところ、松竹の迫本社長から呼び出されて、正直に自分の考え方や悩みを語ったところ、「本社ではできないなら、グループ会社でできる環境を作ってみては」とアドバイスされました。そこで、かつて出向していた松竹ブロードキャスティングに、自分の理想とする映画作りの企画をプレゼンしたんです。

高根:その企画が橋口亮輔監督のものだった?

続きはこちら