NEW

サブプライムローンとは何だったのか? 『マネー・ショート』が示す投資家の倫理

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 ファンドマネージャー、藤野英人氏は自身の著書「投資家が「お金」よりも大切にしていること」で投資家についてこう定義している。

 投資家とは「お金や仕事や会社や社会の事を、奥行きがあるものとして見る事ができる人」と。

 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』は、そんな「奥行き」を見ることができた男たちを描いた作品だ。本作は2005年から2008年のリーマンショックによる世界金融危機が起こる過程で、それをいち早く予測した男たちの闘いを描いている。

 本作の原題は「The Big Short」。ショートとは金融用語で「売り持ち」の状態を指す。投資対象が100ドルの時に売って、90ドルに値下がりした時に買い戻せば、投資家は10ドルの利益を得る。本作で描かれる男たちは、値上がり続けると信じられてきた住宅市場の暴落に賭け、ウォール街を出しぬいた。しかし、その過程も結果も邦題が示すような「華麗さ」は微塵もない。彼らが見通した「奥行き」は米国経済の破綻と自らが信じていた金融システムの腐敗だった。

続きはこちら