NEW

NHKドラマは震災とどう向き合ってきたか? 『恋の三陸 列車コンで行こう!』に見る描写の変化

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 3月11日前後になると、NHKは、東日本大震災をモチーフにした単発ドラマを毎年放送している。

 震災の翌年となる2012年に放送された『それからの海』は、吉村昭の小説『漁火』を原案としたドキュメンタリーテイストの群像劇。2013年の『ラジオ』は、女川さいがいFMで働く某ちゃんというハンドルネームを持つ女子高生のBLOGを元にしたドラマだった。どちらも震災渦中の描写はなく、震災以降、被災地で生きる人々の物語となっていた。

 2014年の『生きたい たすけたい』は、震災渦中の混乱状況をリアルタイムで描いたパニックムービーのような緊張感のあるドラマだった。そして、2015年の『LIVE!LOVE!SING!生きて恋して歌うこと』は、今は神戸で暮らす被災した少年少女たちが、立ち入り禁止区域となった福島の故郷に向かうロード―ムービーとなっており、ドラマ後半になると、実際に撮影した禁止区域の姿が、幻想的な映像の入り混じった形で描かれていた。

続きはこちら