NEW

『スペシャリスト』最終回まで人気の理由は? “ドラマを観る習慣”根付かせる作風に迫る

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 いよいよ最終回を迎えるテレビ朝日の木曜ドラマ『スペシャリスト』。最近は録画が主流となっているだけに、視聴率の数字だけでその人気を測ることは難しくなっているとはいえ、今期の民放ドラマで一度も二桁を割っていないのは前期から続いている『相棒season14』と本作だけである。本作の前枠で放送されている『科捜研の女15』も平均視聴率二桁を超えており、もっぱらプライムタイムのドラマではテレビ朝日の一人勝ちの様相が、ここ数年続いているように思える。

 その勝因は、ターゲットをピンポイントに狙い撃ちする時間帯選びと作品選定だろうか。テレビ朝日以外の民放ドラマは20〜30代向けの作品を平日の21時や22時からほぼ毎日のように放送しているが、1クールに1本ぐらいはそれよりも上の年齢層に照準を合わせたドラマを製作している。若者向けのドラマがあまり響かない世代になると、必然的にそちらを選ぶというわけだ。

 今期だとフジテレビ火曜22時枠の『お義父さんと呼ばせて』あたりが他のドラマと比べると比較的高めの年齢層を狙っているが、あまり良い視聴率とは言えない。前クールで『サイレーン』を見ていた層の視聴者が離れてしまったことも一因としてあるのではないか。

続きはこちら