NEW

誰も知らない、記憶に関する5つの不思議な研究結果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイト トカナより】

BrainMysteries.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 今月17日、理化学研究所の利根川進・脳科学総合研究センター長らが、「アルツハイマー病のマウスで、思い出せなくなった記憶を引き出すことに成功した」とする研究成果を発表した。研究チームによると、不快な体験を忘れてしまったマウスで、その記憶を担っている脳細胞を刺激すると、正常なマウスと同じように怯えるようになったという。つまりアルツハイマー病は、記憶が“消えてしまう”のではなく、“思い出す機能が働かなくなる”病気であることが判明したというわけだ。

 近年、このような脳科学と記憶研究の進展が目覚ましい。形のない「記憶」の正体、そしてメカニズムを理解することができるようになる日も近いと思わせる発見が相次ぎ、さらに記憶を自在に操るための研究まで進められているのだ。トカナでも数々の最新研究成果をお届けしてきたが、ここでもう一度、私たちの記憶について最近明らかになった衝撃の事実を復習しておこう。

続きは【トカナ】で読む