NEW
「だから直接聞いてみた forビジネス」

「い・ろ・は・す」の「555ml」には驚愕の秘密があった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「い・ろ・は・す」

 この連載企画『だから直接聞いてみた for ビジネス』では、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問(?)を、当事者である企業さんに直撃取材して解決します。今回は林賢一氏が、ミネラルウォーター「い・ろ・は・す」の内容量に関する謎に迫ります。

【ご回答いただいた企業】
日本コカ・コーラお客様相談室

 ちまたでは、さまざまなミネラルウォーターが販売されているが、筆者はその中でも「ボルヴィック」(キリンビバレッジ)と「い・ろ・は・す」(日本コカ・コーラ)が好きだ。どちらも味が筆者の好みにピッタリなのだ。

 そのため、水を飲みたい時にはこの2種類を探すことになり、コンビニエンスストアなどの店舗でどちらかが売っていれば問題ないのだが、困るのはどちらも売り場にある場合だ。2択から選ぶというのは、非常に悩ましい。

「このあいだ『ボルヴィック』を飲んだから今回は『い・ろ・は・す』にしようか。いや、今日の気分は……」

 こんなふうに考えているとキリがない。どちらも好きなのだから、本質的には選びようがない。そこで、ふと思う。「い・ろ・は・す」のほうが量は多いんだよなあ。

 ご存じの方も多いと思うが、普段使いしやすい容器に限った場合、「ボルヴィック」は500ミリリットルで、「い・ろ・は・す」は555ミリリットルである。つまり、「い・ろ・は・す」のほうが55ミリリットル多いのだ。もちろん、多いぶんにはありがたいのだが、この555という数字はどのように決められたのか。うーん、気になる。

「い・ろ・は・す」が555ミリリットルのワケ

 そこで、日本コカ・コーラお客様相談室に直接聞いてみた。

「『い・ろ・は・す』は、なぜ555ミリリットルになっているのでしょうか」

担当者 通常のペットボトルは500ミリリットルが主流ですが、「い・ろ・は・す」はなぜ555ミリリットルなのかということでございますね。皆様に多くお飲みいただきたいお気持ちもあり、感謝の気持ちを込めまして通常サイズよりも大きなサイズにしております。

--やはりそうですか。しかし、できればほかの商品でも同様にしてほしいと思ってしまいます。なぜ「い・ろ・は・す」だけなのでしょうか。

担当者 現在は、緑茶の「綾鷹」なども525ミリリットルのサイズにしており、「い・ろ・は・す」ほどではありませんが、通常よりも増やしています。