NEW

プロ野球賭博、愛甲猛が仰天暴露!「ノックや円陣での賭けは球界の伝統」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会見で謝罪する巨人の高木京介投手(『ANNニュース』より)
 再燃した野球賭博問題が、新たな騒動に飛び火している。


 3月9日、読売ジャイアンツ(以下、巨人)の高木京介投手が記者会見を開き、涙ながらに「野球賭博に関与していました」と謝罪した。昨年10月に巨人の笠原将生投手、福田聡志投手、松本竜也投手の3選手が野球賭博に関与していたことが発覚したが、高木投手はその4人目というわけだ。

 その後、3選手は巨人を解雇され、日本野球機構(NPB)からは無期限失格処分を受けたが、笠原氏と松本氏は「週刊文春」(文藝春秋)誌上で「トランプや麻雀、練習中のノックでもお金を賭けていた」と暴露した。

 そして、高木投手の会見の数日後には、巨人の選手間で、試合前の円陣や練習のノックの中で金銭のやりとりが発生していたことが明らかになった。円陣の場合、試合に勝てば「声出し役」が各選手から5000円ずつ“ご祝儀”を受け取り、負ければ各選手に1000円ずつ払う、というものだ。また、ノックではエラーした際に“罰金”が発生していたとされる。

 3月18日現在、阪神タイガース、埼玉西武ライオンズ、福岡ソフトバンクホークス、広島東洋カープ、東北楽天ゴールデンイーグルス、千葉ロッテマリーンズでも同様の行為が発覚している。25日の開幕を前に、プロ野球のイメージは下がる一方だ。

「ノックや円陣で賭けは当たり前」「球界の伝統だった」


 ノックや円陣での金銭授受について、有識者やスポーツライターは「賭博行為の入り口になる」「けしからん」などと批判しているが、元プロ野球選手の愛甲猛氏(ロッテオリオンズ<現・千葉ロッテマリーンズ>、中日ドラゴンズで活躍)は「この2つは、まるで違う問題だ」と反論する。

「マスコミは鬼の首を取ったように報道しているけれど、円陣や練習でのお金のやりとりは、モチベーションを上げるためだけのもの。エラーしないためには緊張感を持って練習することが必要で、その工夫のひとつだよ。

 キャンプのノックでは『(エラーしたら)1人1000円出す』などと、当たり前のようにやっていたけれど、これは『会社員が、飲み代を賭けて営業成績を競う』ようなもので、賭け事とは違う。

 円陣の件も、優勝したら報奨金が配られるのと同じで、大騒ぎするほどのことじゃない。野球賭博と同じであるかのように報道するのは、間違っている」(愛甲氏)