NEW

真田広之が語る自身の役者キャリア、そして『Mr.ホームズ』出演を通して気づいたこと

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 これまで数々の映像作品が製作され、「最も多く映画化されている主人公」としてギネスブックに認定されている“名探偵シャーロック・ホームズ”。3月18日に公開される『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』も、シャーロック・ホームズが主人公のミステリー映画だ。死を前にしたホームズが、引退の原因となった未解決事件に再び挑むという、一風変わった原作小説の映画化作品で、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、『X-MEN』シリーズのイアン・マッケランが、現役のホームズと引退後のホームズを演じ分けている。メガホンを取ったのは、マッケランとは『ゴッド・アンド・モンスター』でタッグを組み、『ドリームガールズ』『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン』シリーズなどの大ヒット作も手がけてきたビル・コンドン監督。そして、日本に訪れたホームズを案内する日本人ウメザキ役で、『ウルヴァリン:SAMURAI』『47RONIN』など、現在ハリウッドで活躍する真田広之が出演している。リアルサウンド映画部では、真田に電話取材を行い、今回の作品に出演することになった経緯、撮影現場でのマッケランやコンドン監督とのやりとり、そして俳優としての今後の展望などについて話を訊いた。

ーー今回の作品では、年老いたシャーロック・ホームズが描かれていますが、脚本を読まれたときどのような感想を抱きましたか?

真田広之(以下、真田):これまでのシャーロック・ホームズのイメージをひっくり返すような面白さを感じましたね。フィクションの中に生きる存在なのに、帽子を被らないとかパイプを持たないとか、既存のイメージを否定してしまう。原作のアイデアの勝利かもしれませんが、まるで実在の人物を描いているかのように錯覚してしまう面白さがありましたね。それをまたイアン(・マッケラン)が見事に演じていて。ヒーロー像やカリスマ性はそのままに、人間味のある弱い部分もさらけ出されていて、非常に親しみを覚えました。

ーーシャーロック・ホームズは過去に数々の映像作品が製作されていますが、これまでどの程度関わりがあったんでしょうか?

続きはこちら