NEW

医療保険の「先進医療特約」は本当におトク? 高額な医療費を保障できるそのカラクリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

79193-2.jpg
先進医療が増えるほど金持ちしか医療の進歩を享受できなくなってしまう!?(shutterstock.com)

 医学の発達により、がんを始めとする難病の新たな治療技術が日進月歩で進む現代。病気と闘う患者の選択肢が増えるのは良いことなのだが、裏を返せば「お金をいくらかけてどこまで治療するのか?」という問題に直面することになる。

 最新の「先進医療」の多くは、健康保険がきかない。費用の高い先進医療が増えるほど、お金のある人しか医療の進歩を享受できなくなってしまうだろう。

 そこでここ数年、さかんにCMやパンフレットで宣伝されているのが、医療保険の「先進医療特約」だ。月額わずか100円ほどの掛け金で、数百万円単位の高額な先進医療費から、医療機関までの交通費やホテルの宿泊費まで払ってくれる会社もある。

 保障上限額は商品によって500万〜2000万円、さらには無制限まであり、コストパフォーマンスの高い「お得な特約」として注目されているようだ。

 しかし、この特約の知名度に比べると、これらが支払い対象とする「先進医療」がどんな医療なのかはあまりにも知られていない。

 また、わずか月々100円で生命保険会社が、なぜ高額な医療費を保障できるのか、そのカラクリも気になるところだ。いざという事態に、この特約は本当に役に立つのだろうか?