NEW

アイドル同士の“百合キス”に漂う切なさと愛おしさーー姫乃たまが『キネマ純情』を鑑賞

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 小学生の頃、一緒にトイレの個室に入ってとせがむ女の子がいて、押しに弱い私は流されるがまま付き合っていました。個室に入ったら入ったで、「後ろ向いてて!見ないで!」と言い放つ彼女のために、今度は両手で顔を覆ったまま壁の方を向いて、手を壁と顔で挟みながら、「これ、なんの時間なのかな……」と思ったものです。ある昼休み、いつも通りトイレの個室で顔を覆っていたら、女子達の「あー、いっけないんだあ」という無邪気で意地悪な声が聞こえ、いま思えばその瞬間に個室から出れば良かったのですが、いまいち罪悪感の薄い私と、そもそも用を足している途中で個室の扉が開けられない同級生という、最高に滑稽なコンビだったため、担任の男性教師が狂ったように「出てきなさい!!」と大声を張り上げながら、女子トイレの扉を力任せに叩くこととなったのです。


 狂ったように怒鳴りながら扉を叩く男性教師の声と、自分たちが言いつけたものの、男性教師のあまりの気迫に若干引いている女子達の気配を扉越しに感じていると、用を足していた同級生が「いないふりしよう」と、私に耳打ちしてきました。

続きはこちら