NEW

芳根京子、『いつ恋』最後のキーパーソンに選ばれた理由 二面性を持つキャラと演技力に迫る

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 ついに最終回を迎えた月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』。先週放送された第9話の終盤で、曽田練(高良健吾)と会う約束をした杉原音(有村架純)は、ひったくりに荷物を奪われた少女と出会う。その少女は奈良県から上京してきたばかりで、音はかつて東京に初めて来た頃の自分を重ね合わせて、彼女に手を貸すのである。その少女、明日香を演じているのは先月19歳になったばかりの女優・芳根京子である。

 これまでも、昨年夏に放送されていたドラマ『表参道高校合唱部!』(参考:芳根京子は大女優の器か? 隠れた名作『表参道高校合唱部!』に見る可能性)、秋に公開された映画『先輩と彼女』(参考:芳根京子と志尊淳が演じる、理想のカップル 『先輩と彼女』に見る若手俳優の躍進とは)と、彼女に注目してきた筆者が、若手女優の中でもトップクラスの実力を持つ彼女の2016年の飛躍について改めて分析したいと思う。

 この『いつ恋』で彼女が演じた明日香というキャラクターについて、本作のプロデューサーである村瀬健は、「主人公の未来を左右することになる重要な人物」であり「とてつもなく難しいキャスティングであった」と表現した。それだけ重要な役を芳根京子に託した理由として、彼女の経験値と演技力に加え、「“強さとかれんさ”、“明るさとけなげさ”という両極端な二面を感じさせる」と期待を込めてオファーしたのだと語っている。

続きはこちら