NEW

【古代エジプト】喉と指を…最後のファラオ、ラムセス3世暗殺事件の全貌がミイラで判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

 考古学者のみならず、世界中の人々の心を惹きつけて止まない古代エジプトの世界。ピラミッドや黄金のマスクなど、数千年を経た現代の科学技術をもってしても未だに理解することができない数多のミステリーが残されたままになっている。しかし、人類が新たな科学技術を手にするに従い、それらの謎も少しずつ解き明かされつつあるようだ。今回は、古代エジプトの王(ファラオ)が巻き込まれた、とある暗殺事件の詳細についてお伝えしよう。


■謎に満ちた“包帯ぐるぐる巻き”のミイラ

 古代エジプト文明がもっとも栄えた「エジプト新王国」期、強大な権力を誇る最後のファラオとして君臨したのが今回の主役、ラムセス3世(即位:紀元前1186~1155年)だ。そんな彼のミイラは、1881年に「王家の谷」のもっとも大きな墓で発見され、現在はエジプト考古学博物館に保管されている。

続きは【トカナ】で読む