NEW

【PR】なぜビタミンC育毛が増加中!?理由は最新研究による毛髪コラーゲンか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近、ビタミンC育毛が急増中!?画像にもあるように、様々な著名人も「ビタミンC育毛」を取り入れ始めています。


 一体その要因は何なのか?これは2016年2月、薄毛で悩む人たちにとって大きなニュースになった東京医科歯科大学の西村栄美教授らによる研究成果が大きな理由の一つになっていると考えられます。

「加齢による薄毛、コラーゲン減が要因 東京医科歯科大が解明」

 これまでわかっていた薄毛の原因は、強力な男性ホルモンが引き起こすものだけでしたが、最新の研究で解明されたのは、男性ホルモン原因ではない薄毛です。男女関係なく、「歳を取っていくことにより毛が薄くなっていくメカニズム」とのこと。毛を作る細胞となる毛包幹細胞は、コラーゲンの一種に保護されているが、歳を取っていくなかでそのコラーゲンを分解してしまい、コラーゲンの保護を失った毛包幹細胞は、普通の皮膚の細胞となって行き、フケや垢となって無くなってしまうのだそうです。毛髪に必要なのは、この毛包幹細胞を保護するコラーゲン、ということになります。

『ビタミンCはコラーゲン新生に不可欠』

 コラーゲンは女性に人気な成分で、サプリメントも様々な会社が出しています。しかしこの毛髪にかかわる頭皮内のコラーゲンは食品やサプリなどから直接は補えず、人間の身体の中で作りしかありません。そこで注目されているのが、ビタミンCです。ビタミンCはコラーゲン新生に不可欠な成分で、スキンケア化粧品などにも多く配合されています。実際、経口摂取のビタミンCは頭皮などの意図した箇所に届くのは1%にも満たないと言われています。そのため、皮膚からの直接摂取に大きな可能性が集まっているわけです。

『ビタミンC12時間浸透を実現した毛髪製品、ビタブリッドCヘアー』

 頭皮に直接ビタミンCを浸透させる方法があれば、まさに頭皮内のコラーゲンに役立つと考えられます。そこで今市場に出回っているビタミンCによるヘアー関連製品をみると、「ビタブリッドCヘアー」が唯一、ビタミンCによる毛髪対策として存在しています。

 東京医科歯科大学の研究発表の以前から発売されており(2014年6月)、ビタミンCを継続的に浸透させるための根幹技術は米国やEU、日本をはじめ世界的に特許を取得しており、特別な毛髪用製品になります。既に多くの著名人も活用を始めており、特に芸能界では東国原英夫氏がモニターを長期で行っていて、実際に髪が濃くなったとツイッターで写真がUPされていたほど。

 今まで明確には分かって無かった育毛のメカニズムも、今回の毛髪とコラーゲンの関係解明のニュースを受けて、「ビタブリッドCヘアー」等をはじめとしたビタミンCによる育毛施術がかなり注目を集めて行くと期待されています。これはぜひ注目です!