NEW

なぜトヨタの賃上げで自動車業界混乱?ダイハツは大幅減益でも大幅賃上げ、崩れる均衡

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ自動車本社(「Wikipedia」より/Koh-etsu)
 2016年春闘で集中回答日となった3月16日、自動車メーカー各社は主要企業と同様に3年連続で賃金を底上げするベースアップ(ベア)を実施するものの、引き上げ幅は各社経営陣の思惑や方針を反映するものとなった。特に、春闘相場のリード役とされるトヨタ自動車が、労組側の3000円の要求に対して1500円に抑えたことが、各社の決断に大きな影響を与えた。


「なぜ減益企業がトヨタと同じ水準なんだ」(業界関係者)


 今春闘で、最も注目されたのが、トヨタと同水準となるベア1500円で妥結した軽自動車メーカーのダイハツ工業だ。自動車メーカーの春闘では、集中回答日の数日前にトヨタが労使の落としどころと考える水準が業界に流れ、各自動車メーカーがそれぞれの規模や業績に応じてトヨタを下回る水準で妥結するのが一般的だ。今春闘では、相場のリード役であるトヨタが要求額の半分、前年の3分の1の水準に抑えたことから不協和音が生じた。

 トヨタは16年3月期の連結営業利益が前年同期比2%増の2兆8000億円と好調だった。にもかかわらずベアを抑えたのは、年初から経営環境が激変しつつあるためだ。為替水準はこの3カ月間、ドル円レートで10円も円高が進んだほか、中国や南米など新興国経済の先行き懸念が強まっている。トヨタの豊田章男社長は労使交渉の場で「経営の潮目が変わった」と労組に理解を求めた。

 さらに今回の春闘では、ベアを抑えやすい環境にあった。デフレ脱却を掲げる安倍政権は、14年、15年と経済界に対して賃上げを求める「官製春闘」となった。復興特別法人税の1年前倒し廃止や、法人実効税率の引き下げなど、政府が経済界の要望に応えてきたことから政権に協力してきた。16年春闘も従来と同様、政府は賃上げを求めた。しかし、日銀がマイナス金利を導入したことで流れが変わった。業績悪化懸念から3大メガバンクが相次いでベアを見送ったためだ。従来なら春闘相場のリード役であるトヨタに対して政権から賃上げのプレッシャーは高まるところだが、日銀の政策で大手銀行がベアゼロとしたことで、トヨタが賃上げを抑えても批判の矛先が自らに向かないと判断した。

 また、格差是正の観点もある。今回トヨタの労組側はグループ各社の賃金を底上げして格差是正を図るため、ベアの要求を前年の半分の水準である3000円に抑えた。トヨタが業績好調を理由に高い水準のベアにすると、グループ各社との賃金格差がさらに拡大するとの懸念もあった。トヨタもデンソーやアイシン精機など、グループの大手部品メーカーに対してトヨタと同等のベア1500円を容認する姿勢を示した。