NEW
金子智朗「会計士による会計的でないビジネス教室」

志望校に合格した娘の家庭教師役で発見した、良いorダメ管理職=コーチの条件

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 私事だが、この春に娘が第一志望の大学に合格した。その過程で、私は図らずもコーチの役割というものを実感することができた。私が娘の家庭教師役をやる羽目になったからである。私も本人も、最初からそんなことを望んでいたわけではない。しかし、娘の置かれた状況が少々特殊だった。


 娘は高校2年生の夏から1年間アメリカに留学していた。受験勉強のスタートは帰国後の高校3年生の夏である。そんな時期から開始できるカリキュラムなど、どこの予備校にもない。残された時間はわずか半年。やむなく私がアドバイスしながら、独力で受験勉強をすることになったのである。

「今日、何やる?」が娘の口癖に


 私はとりあえず教材を選んでやった。残された時間が半年しかないなかで、本人が試行錯誤をしている暇はない。なるべく薄い教材を厳選し、とにかくそれをやればなんとかなりそうなものを選んでやった。「あとは本人の努力に任せよう」と思っていたら、娘は毎日「今日、何やる?」と聞いてくるようになった。「ふざけるな!勉強のやり方を考えることこそが勉強だろ! どこまで甘えるつもりだ!」と思ったのだが、口に出す前に思いとどまった。

 思い返せば、自分自身だってそうだったのである。現役のときは予備校にも行かず独力で受験しようとしたため、何をどのように勉強するかというところから試行錯誤をしてしまった。その結果、参考書や問題集だけはずいぶんと増えたが、受験は不合格に終わった。その後、1浪の末に合格したわけだが、それはただひたすら予備校のカリキュラムについていった結果だ。「今日、何やる?」と聞くまでもなく、予備校の時間割と教材がすべてその問いに答えてくれていたのだ。

 長期的な教育効果という点では、少々失敗してでも試行錯誤を経験したほうがいいと思うが、限られた時間のなかで一定の成果を出すためには効率が悪い。そのことを思い出した私は、おとなしく娘の家庭教師役に徹することにした。

コーチや上司の存在意義


 考えてみれば、ここにコーチというものの存在意義があるのだろう。プレーヤー自らが練習メニューを考えるのは難しい。プレーヤーは経験や客観性の点で限界があるからだ。プレーヤーが自ら厳しい練習を課すことも難しいし、仮に課したとしても、それを実行し続けることはやはり難しい。したがって、そこには第三者によるモニタリングも必要になる。