NEW

声優・朴璐美舞台降板の真相は更年期障害? アラフォー女性を襲う症状の数々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

pakuromi.jpg
舞台を降板した朴璐美さんの体調不良の原因は?(写真は公式ブログより)

 テレビアニメ版『NANA』(大崎ナナ役)や『鋼の錬金術師』シリーズ(エドワード・エルリック役)などで知られる人気声優・朴璐美(ぱくろみ)さん(44)。3月24日付の自身のオフィシャルブログで「ご報告です」と題し、来月に予定されていた舞台の降板を綴った。

 朴さんが無念の降板を決めたのは、4月6~10日の公演が予定されている『箱の中身2016』(東京・中野テアトルBONBON)。彼女の代役は、さかいかなさんが演じることになった。

 「少し前から目眩などを伴う体調不良があり、だましだましやってきました。自分としては、やれる、大丈夫だと思っておりましたが、とても舞台に立てる状態ではなかったようで、ストップがかかってしまい」と、自身で前兆を明かしたが病名は伏せていた。