NEW

斬首や強制性転換も…! 本当にあった冷酷非道な社会実験ワースト10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイト トカナより】

evilsocialexperiments5.jpg
画像は「YouTubes」より引用

 実験には「科学や医学の進歩のため」という大義名分がある。しかし、どこまでが人道上許されるのだろうか? 現在各国には、実験が行われる際の倫理的規範がある。しかし、過去には何のルールもなく、冷酷な研究者はどんな実験もできたのだ。かつて行われた「10の邪悪な社会実験」をここでご紹介しよう。


10. モンスター・スタディ(The Monster Study):1939年

 米国アイオワ大学の心理学者ウェンデル・ジョンソン博士は、吃音のある22人の孤児を使い冷酷な実験を行った。孤児たちは2つのグループに分けられ、言語療法を受けさせられた。

続きは【トカナ】で読む