NEW

乙武クンとのベッドでの性的行為を赤裸々告白!「絶妙」「常にずっと固い状態をキープ」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
乙武洋匡氏のtwitter」より
 今年の参院選の自民党有力候補者のひとりと目される乙武洋匡氏に、衝撃のスキャンダルが浮上した――。


 乙武氏といえば、先天性四股切断という障害を持ち、これまでテレビキャスターや小学校教諭、東京都教育委員を務め積極的な活動をみせる一方、政治や社会、教育など幅広い問題についてメディアで精力的に発言してきた。

 そんな教育者であり言論人でもある乙武氏が計5人の女性と不倫を重ねてきたと、「週刊新潮」(新潮社/3月31日号)が報じた。

「新潮」記事内で乙武氏は、不倫の事実を認めているが、不倫相手女性とは昨年8月に東欧諸国、昨年12月にはパリとチュニジアに旅行していたことも発覚し、爽やかなイメージが一転。早くも自民党執行部は、参院選における乙武氏の擁立を見合わせる意向を固めたとも報じられている。

 一方、乙武氏との営みに興味を示す声も相次いでいる。乙武氏と関係を持ったという女性・Aさんは、次のように証言する。

「うーん、一番っていったらやっぱり乙武くんかな。あの腕でされるのは最高なんだよね」

 実は筆者がこの話を聞いたのは、スキャンダル発覚前のこと。

「手でもなくアレでもない太さが、絶妙なのです。それに、常にずっと固い状態をキープしてられるので、 どんなに時間がかかってもやり続けることができるのです」
 
 Aさんは乙武氏との行為を思い出しながら、淡々と語っていた。

 週刊新潮では、不倫相手とされる女性との会話も公開されていた。「痩せる」と宣言する女性に「胸が痩せた」と返す乙武氏だが、こんな会話を機内でするということは相当深い関係なのだろう。ポジティブで話上手、さらに女性を“喜ばせるテクニック”も備えているというところに、女性たちは心惹かれたという。

 乙武氏は当面の間、活動を休止し家族と向き合う時間をつくるということだが、4月5日に都内の高級ホテルで開かれる誕生会は予定通り開催する。妻が謝罪コメントをしたことでさらに乙武氏への反感は大きくなるばかりである。いずれにせよ、今後の乙武氏の動向が注目される。
(文=編集部)