NEW

暗記パン並みの効果? 皮膚を刺激するだけで外国語学習能力が飛躍的に向上!(DARPA発表)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

 身体の隅々まで張り巡らされている末梢神経は、臓器、筋肉、皮膚などからの刺激を脊髄に集約し、脳のニューロンとつながれ、生物としての身体機能を維持するための情報を送受信している。ところが、この末梢神経系が単に情報の送受信をしているだけではなく、さまざまな機能を持っているらしいということが最近の研究でわかってきている。


■末梢神経を刺激すると学習能力が向上する

 DARPA(アメリカ国防高等研究計画局)では、末梢神経系への刺激が、特定の疾患の治癒に有効であることや、義手・義足といった制御力を高め、感覚を鋭くするなどの研究が以前から進められているが、最新の研究で注目を浴びているのが、学習能力そのものを高める働きが、末梢神経系への刺激によって促されるというものである。

続きは【トカナ】で読む