NEW

高畑充希、待望の初主演『とと姉ちゃん』で実力発揮なるか? “変幻自在の演技”への期待

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 NHK朝の連続テレビ小説が本格的に復調の兆しを見せている。4月2日まで放送されていた『あさが来た』は、残り2話を残した3月末の時点で全話平均視聴率が23.5%を記録。よほどのことがない限り(なかったとは思うが)、2002年に放送された『さくら』を抜き、今世紀に入ってから最高の平均視聴率を叩き出したということが、月曜日には発表されることだろう。

 そんな『あさが来た』から入れ替わるように、4月4日からスタートするのは雑誌「暮しの手帖」を創り出した大橋鎭子をモデルにした『とと姉ちゃん』。ヒロインを演じるのは最近ドラマやCMに引っ張りだことなっている高畑充希だ。彼女が選ばれたオーディションの応募者数は2564人。前作『あさが来た』は歴代最多の2590人だったが、それに次ぐ歴代2位の多さであり、視聴率だけでなく、若手女優の登竜門としての注目度も増していることが伺えるのである。

 高畑の演技といえば、記憶に新しいところでは先月ハッピーエンドで幕を閉じた月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』だろう。視聴率面では月9史上最低という不名誉な記録を残してしまったが、近年のドラマでは随一の出来栄えを誇り、終盤の展開に関しては賛否両論を巻き起こすほどの注目を集めた。その中で高畑が演じていた日向木穂子というキャラクターは、ドラマの前半では本当は暗い性格であることを隠し、恋人役である高良健吾の前では華々しいOLのふりをするという二面性を秘め、後半では開き直ったように大らかな女性と成りかわり、ライバルであった有村架純演じる杉原音の良き友人として、怒涛の展開となった終盤のバランスを保っていた。

続きはこちら