NEW

性欲と年齢…40代でピークの女、50代で目覚める女、80代でセックス

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 芸能活動休業中のベッキーをはじめ、記者会見で「人間としての欲が勝ってしまった」と釈明して失笑を買った宮崎謙介元衆議院議員など、不倫で人生を台無しにする人は多い。


 判断力を狂わせてしまう「性欲」は実に厄介なもので、「自分は性欲に負けることはない」と言い切ることのできる人は少ないだろう。いったい、人間は何歳まで、この性欲に振り回され続けるのだろうか。

「性欲」と「精力」はまったく別物


「男性の場合、個人差はありますが『何歳になったら性欲がなくなる』といった基準はありません。身体的なピークは10~20代ですが、60~70代になったからといって、性欲が衰えるわけではないのです」

 こう語るのは、美容外科医でセックスに関する著書を多数上梓している山下真理子氏だ。

「注意しなければならないのは、そもそも『性欲』と『精力』は違うということです。生殖器の能力はなくなっても、『女性と触れ合いたい』という執着がある場合、それは『性欲』といえます」(山下氏)

『失楽園』(講談社)や『愛の流刑地』(幻冬舎)などのベストセラー小説を生み出し、数多くの女性遍歴でも知られた作家の故・渡辺淳一は、晩年は性的不能を告白していたものの、80歳で亡くなるまで性的な行為自体は重ねていたという。

 また、「最高齢AV男優」として世界的に有名な徳田重男氏は、81歳の今も現役のAV男優として活躍する半面、作品内では必ずしも「本番行為」を求められるわけではないようだ。

 ちなみに、筆者は個人的に「朝勃ちしているうちは、まだ現役」という漠然としたイメージを抱いていたのだが、この「朝勃ち」も性欲ではなく精力に関するものだという。

「朝勃ちと性欲の有無は、あまり関係ないのです。もちろん、朝勃ちするということは、それだけ神経伝達や血流の状態がいいので、勃起力のひとつの目安にはなると思います。しかし、朝勃ちをしないからといって、性欲がないとは限りません」(同)

50代で性に目覚め、“開発”される女性も


 では、女性の性欲についてはどうだろうか。実は、男性の性欲と女性の性欲には、決定的な違いがあるという。

「男性の性欲は、食欲や睡眠欲と同じ『一次的欲求』であり、先天的に備わっているものです。一方、女性の性欲は『二次的欲求』であり、生きる中で獲得される後天的なものです。もちろん、男女ともに両方の側面がありますが、女性の場合は二次的欲求の側面が特に強いということです」(同)