NEW
知ってるようで知らない…薬局の歩き方・クスリの選び方

美顔ローラーはまったく効果なし?超危険な「ゲルマニウム」、サプリで死亡者続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲルマニウム(「Wikipedia」より/Jurii)

 一時期よりは落ち着いてきたものの、美顔ローラーやブレスレットなど、世間であやしい“健康ビジネス”の一翼を担っている「ゲルマニウム」。

 今回は、このゲルマニウムを評価してみようと思います。

 あらためて検証するまでもなく、賢明な読者諸氏ならば読む前からうすうす勘づいていると思いますが、広告にあるような効果が本当に得られるのであれば、この世から医療が消滅するような奇跡です。ゲルマニウムで顔をコロコロなでるだけで美肌になるなら、世界は美人で満ちあふれるでしょう。

 ともあれ、まずはゲルマニウムがバカ売れした背景からおさらいしていきましょう。

ゲルマニウム神話の由来

 時を遡ること40年以上前の1970年代、ゲルマニウムは「エイズの特効薬」という売り文句で登場したサプリメントです。当時不治の病として世界を騒がせていたエイズに便乗したかたちで出現しました。

 もともとは、レパゲルマニウムというプロピオン酸にゲルマニウム元素がくっついた有機ゲルマニウムからスタートし、一応きちんと研究がされていた時代もあり、免疫賦活(生体の持つ免疫機能を活性化させる)作用やインターフェロン(ウイルスの増殖などを抑えるたんぱく質)を誘起し、さらには疼痛緩和にも応用が利くなどと期待されました。いくつかの特許も認められ、ゲルマニウムの作用を支持する研究者や医師もいました。

 そうしたまじめな研究を横目に湧いて出た悪質業者が、免疫賦活作用があるならエイズにも効く、まして健康な人が飲めばさらに健康になる、という謎の解釈を繰り広げてサプリメントを派手に売り出したのです。しかし1979年に急性腎不全患者が続出し、その原因としてゲルマニウムサプリメントが指摘されました。

 ある親子の例では、健康増進効果を期待してゲルマニウム錠剤を生後10カ月の頃から子供に毎日与えたところ、3歳頃から歩行不安定になり転びやすく怪我が多くなったようです。

 母親は発達が良くないことが原因だと考え、ゲルマニウムをさらに増やして与えたところ、症状が良くなるどころか食欲不振、四肢の衰え、しびれなどが続いて発症し、さらに言語発声も不明瞭になり、ついには食べ物を飲み込むことができずに嘔吐を繰り返したため入院しました。残念ながらすでに手遅れの状態で、処置の甲斐なく入院後17日で死亡という痛ましい結果になりました。

 また、「ゲルマニウムが糖尿病に効く」という趣旨の論文を書いた医師も、自分の論を信じてゲルマニウムを服用したところ腎不全となりました。ほかにも、ゲルマニウムサプリの販売元の社員が、ゲルマニウムの中毒で死亡した事故もあります。