NEW

村井良大 × 武田梨奈が明かす、『ドクムシ』撮影現場の裏話 村井「梨奈ちゃんは肝が座っている」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 『仮面ライダーディケイド』の仮面ライダークウガ役でブレイクした注目の若手俳優・村井良大と、アクション女優として『進撃の巨人』など数々の映画に出演している武田梨奈のW主演によるソリッド・シチュエーション・スリラー『ドクムシ』が、4月9日より公開される。2013年に「E★エブリスタ」にネット小説として投稿された八頭道尾の『コドク~蠱毒』を、合田蛍冬の作画でコミック化した『ドクムシ』を原作に、『クソすばらしいこの世界』(13)で長編デビューした新鋭・朝倉加葉子監督が映画化した本作。廃学校に閉じ込められた見ず知らずの男女7人が、生き残りをかけたデスゲーム“蠱毒”に挑む様を、ショッキングなスプラッター描写を交えて描くR15指定作品だ。リアルサウンドでは、本作で初共演を果たした村井良大と武田梨奈の対談を実施。本作の魅力やおたがいの演技について、さらには赤裸々な撮影の裏話まで語り合ってもらった。

■村井「男性と女性によって視点がまったく違うのが、すごく映画的」

ーー今回の作品は、八頭道尾さんと合田蛍冬さんによる漫画『ドクムシ』を原作としていますが、結構ハードな内容ですよね。

村井:最初に原作を読んだ時は、率直に“エログロ”な作品だと思いましたね。でも、ただグロいだけの作品ではないくて、心理描写も凝っているし、登場人物それぞれのバックボーンも描かれていて、すごく面白かったです。漫画には漫画にしかできない表現があるし、映画にも特有の表現があるので、どういう風にこの作品が映画化されるのか、個人的にもとても楽しみでした。

続きはこちら