NEW

日本人のシーツ交換回数少なすぎ!?レイコップは買うのにシーツは替えない衛生感覚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

55946-2.jpg
週1回以上シーツ交換をしている日本人は4割(shutterstock.com)

 花粉症やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなど、さまざまなアレルギー疾患にかかる人が増えてきている。いや、増えてきているどころではない。

 厚労省によると、「50年前にはほとんどなかったアレルギーが、現在は国民の3分の1がなんらかのアレルギーを抱えている」という見解だ。

 アレルギーを引き起こすアレルゲンは、特定の食物、花粉、カビ、ダニ、ハウスダストなどさまざま。なかでも「ダニ」によるアレルギーは日本人の4人に1人がかかっているという。

 そして、ダニがもっとも生息している場所は「布団」だ。適度の湿度・温度によって繁殖しやすいという。人が気持ちのいい場所は、ダニにも気持ちがいいらしい。

布団専用クリーナーの火付け役「レイコップ」は300万台も

 そんな背景もあって、ダニやハウスダストを吸引する布団専用クリーナーが大ヒット中だ。