NEW

外反母趾も巻き爪も足の構造異常が原因だった!歪みを治すことで根治も可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

287264-2.jpg
ハイヒールを履かない人でも外反母趾に(shutterstock.com)

 「足のことは何でも診る」がコンセプトの足の診療所(東京・表参道)では、外反母趾や巻き爪、たこやいぼ、魚の目、リウマチ、創傷、痛風、水虫など、多種多様な疾患を診る。

 しかし、そうした多様な疾患の原因はほぼひとつ、「足の構造異常」に集約される。足の骨格の形状が悪くなり、皮膚、血管、骨などにさまざまな症状を引き起こすのだという。

 くるぶしから下には、片足で26~28個もの骨がある。これは体全体の骨の数の4分の1に相当する数だ。これらの骨が緻密に組み合わされて弧状につながり、「アーチ構造」を作って足底を支えている。このアーチ構造が崩れると、さまざまなトラブルが発生する。

外反母趾の原因はヒールではなかった

 足のトラブルとして真っ先に思い浮かぶのが「外反母趾」だろう。ヒールの高い靴が原因と思われがちだが、ハイヒールを履かない人でも外反母趾は発生する。