NEW

世紀のリーク「パナマ文書」ヤバすぎる黒幕が特定される! 流出元スポンサーである超有名財団5つとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

PanamaPapers.jpg
画像は「The Panama Papers」より引用

 この一報を耳にした時、トカナ編集部はみな一様に開いた口が塞がらなかった。やはり背後には、彼らがいたのだ。世界の政治・経済は、すべて彼らのコントロール下にある――この事実に改めて戦慄を覚えざるを得ない。今回は「パナマ文書」流出の裏にある驚くべき“真実”をお伝えしよう。


■「パナマ文書」の衝撃

 現在、各国の大富豪や指導者層、著名人たちが、パナマや英領バージン諸島、ケイマン諸島などの租税回避地(タックスヘイブン)に隠し資産を所有していることを暴露した「パナマ文書」が公開され、世界中を衝撃が駆け巡っている。データ容量2.6TB、ファイル数1150万件に及ぶ膨大な証拠データには、ウクライナ大統領、サウジアラビア国王、ロシアのプーチン大統領の友人、中国の習近平国家主席の義兄、映画俳優ジャッキー・チェン、サッカー選手リオネル・メッシなどの要人らが名を連ね、彼らがタックスヘイブンを利用して金融取引を行っている事実が記載されていた。その中の1人であるアイスランドのグンロイグソン首相は、すでに今月5日に辞任を表明しており、今後同様の事態が世界の政財界へと波及していくのではないかとの憶測が強まっている。

続きは【トカナ】で読む