NEW

『フラーハウス』キャスト陣が明かす、ファミリー復活の背景 D.J「番組は世界中で愛されていた」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 『フルハウス』放送開始から約30年の時を経て、遂にNetflixにて配信が開始された『フラーハウス』。子役から見事に大人の女優に成長して帰ってきた、メイン・キャストの三人であるキャンディス・キャメロン・ブレ、ジョディ・スウィーティン、アンドレア・バーバーと、シリーズの生みの親である製作総指揮のロバート・L・ボエット、そして製作総指揮および脚本を手がけたジェフ・フランクリンは、どのような心境で最新作『フラーハウス』の製作に挑んだのであろうか。

 放送終了後から、長い年月を経て続編の製作が決定し、オリジナルキャストが再結集した事に全世界の『フルハウス』ファンは狂喜した。主人公のD.Jというキャラクターを、再び演じるキャンディス・キャメロン・ブレも、再結集の喜びはファンと同じだ。

続きはこちら