NEW

「些細な瞬間が人生に勝る」パオロ・ソレンティーノ監督が語る『グランドフィナーレ』の制作意図

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 イタリアの映画監督パオロ・ソレンティーノの最新作『グランドフィナーレ』が4月16日に公開される。監督第4作『イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男』が、ショーン・ペンが審査員を務めた第61回カンヌ国際映画祭審査員賞に輝き、そのショーン・ペンを主演に迎えた自身初の英語作品『きっとここが帰る場所』が、第64回カンヌ国際映画祭エキュメニカル審査員賞を受賞。ふたたびイタリアで撮った『グレート・ビューティー/追憶のローマ』が、第86回アカデミー賞外国語映画賞を受賞するなど、数々の映画祭で高い評価を得ているソレンティーノ監督。監督第7作目となる最新作『グランドフィナーレ』では、マイケル・ケイン、ハーヴェイ・カイテル、レイチェル・ワイズ、ポール・ダノ、ジェーン・フォンダら、ハリウッドで活躍する名優たちとともに、引退した音楽家が、最後の大舞台に挑むまでの愛と葛藤を描いている。リアルサウンド映画部では、メガホンを取ったソレンティーノ監督にメールインタビューを行い、本作を描こうとした背景や、キャスト陣の起用理由、その映像美から比較されることの多い名匠フェデリコ・フェリーニへの思いを訊いた。

■主人公フレッド・バリンジャー役に相応しい俳優はマイケル・ケイン以外いなかった

ーー本作の着想は著名なイタリア人指揮者の実話にインスパイアされたそうですね。そのストーリーのどのような部分に魅力を感じて、映画にしよう思ったのでしょうか?

パオロ・ソレンティーノ監督(以下、ソレンティーノ):何年か前に、エリザベス女王がイタリア人指揮者のリッカルド・ムーティをバッキンガム宮殿に招いたことがありました。しかし、レパートリーで合意に至らなかったため、ムーティはその招待を辞退したのです。私は、女王の申し出を断ることなど不可能だと思っていたので、この話がとても印象に残りました。このムーティの話が最初のインスピレーションとなり、今回の作品の主人公フレッド・バリンジャーのキャラクターが誕生したのです。

続きはこちら