NEW

「大爆死!」福山雅治主演の低視聴率月9ドラマ『ラヴソング』で注目される吃音とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

lovesong-2.jpg
月9ドラマ『ラヴソング』は吃音の少女がヒロイン(写真はフジテレビの公式ホームページより)

 4月11日から始まった月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系列)。初回平均視聴率は10.6%と厳しいスタートだ。

 放送前からネット上では「駄作の予感」「ヒロイン役はバーターか?」「20歳差の恋愛物などキモイ」など批判的な意見が多数を占めた。さらに低視聴率でのスタートに「大爆死!」「福山、賞味期限切れ」という評価が踊った。

 だが一方で、ストーリー全体については「考えさせられるテーマ」「意外に奥が深くて面白い」という声もある。当初にイメージしていたありがちなラブストーリーものを壊す、吃音のヒロインという挑戦的な設定は意外だった。

 主演・福山雅治さんが演じるのは、元プロミュージシャンの臨床心理士・神代広平、シンガーソングライターの藤原さくらさん演じるヒロイン・佐野さくらは、吃音でスムーズに話すことができないという設定だ。

 佐野さくらの吃音は、かなり重い。勤めている自動車整備工場ではきちんと挨拶ができず、上司からは「直らないとクビ」だと言われている。同僚とのランチタイムでは会話にうまく入り込めない。

 飲食店に新人歓迎会の予約を電話でかけようとしても言葉が出てこないため、直接、店に行って予約する。ところが、同僚たちに簡単に他の店に変えられてしまい……。

 吃音という障害ゆえに人とうまく交わることのできない、コミュニケーション障害に悩むさくらの葛藤が、このドラマのテーマになっている。