NEW

突然「エラ消失」の栗山千明に報道陣が騒然…広がる「疑惑」

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
栗山千明
 女優・栗山千明の“整形疑惑”が再燃している。


 発端は、3月28日から放送されている森永乳業「アロエステ」の新CMだ。同CMは、栗山の頬にお笑いタレント・カンニング竹山の顔が映り込み、「なんで私の顔におっさんがいるの?」と困惑する栗山に、竹山が商品の効能を説くというもの。

 栗山の顔がアップで映り続けるため、インターネット上では「エラを削ったのか」「誰だかわからなかった」「個性のない顔になってしまった」などの意見が噴出している。栗山の整形疑惑について、テレビ局関係者は以下のように語る。

「そもそも、栗山に整形疑惑が浮上したのは、2014年に入ったあたりからです。1月クールの『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』(フジテレビ系)や4月クールの『アリスの棘』(TBS系)に出演していた栗山に対して、視聴者から『顔が変わった?』『あごがほっそりしている』という声が続出しました。

 また、同時期にCMの発表会などに出席した報道陣の中にも“違和感”を訴える人が少なくありませんでした。その少し前に、元AKB48の前田敦子が『急激に輪郭が変わった』と話題を集めただけに、『栗山よ、お前もか』という憶測を呼んでしまったのです」

主演ドラマで不倫に溺れる人妻を演じる栗山


 現在31歳の栗山は、1999年に映画『死国』(東宝)で女優デビューを果たし、翌年の映画『バトル・ロワイアル』(東映)で一躍注目を浴びた。03年には、クエンティン・タランティーノ監督の『キル・ビル Vol.1』(ミラマックス、ギャガ)に出演、19歳でハリウッドデビューを飾り、近年も映画、ドラマ、CMに八面六臂の活躍を見せている。

「クールビューティー」とも称される美貌の栗山だけに、ファンの間では「エラも魅力のひとつ」「個性が際立っていい」と愛される一因になっていた。それゆえ、エラの消失を嘆く声が多いようだ。

「エラのほかに、例えば『眉が太い』『ほくろ』『八重歯』などは、女優および芸能人としては大きな特徴かつ武器となります。人に見られる仕事をする上では、個性や他者との差異化こそが存在証明となるからです。

 それだけに、すでに『栗山とわからなかった』などの声が出ていることは、本人にとっては痛手でしょう。栗山と同じ84年生まれの女性芸能人といえば、香里奈、ベッキー、土屋アンナなど、いずれも浮き沈みの激しい芸能人生を送っています。そんな中、子役出身で30代になっても唯一無二の存在感を発揮する栗山の安定感は際立っているのですが……。

 また、このタイミングで栗山の顔に注目が集まったのには、別の要因もあります。4月2日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)で、タレントの水沢アリーが美容整形について『もうやってない』と過去の経験を事実上告白したのです。以前から疑惑のあった水沢が認めたことは大きな話題となりましたが、その余波が栗山にも直撃したということでしょう」(週刊誌記者)