NEW

不倫=姦通罪の女性、大勢が石を投げつけ殺す刑のパキスタンとブルネイ!

【この記事のキーワード】

, , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 ロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音とベッキーに始まり、最近では『五体不満足』(講談社)で知られる乙武洋匡氏など、2016年は数々の不倫スキャンダルが世間を賑わせている。


 多くの批判やバッシングを受けるものの、現在の日本では、不倫によって厳しい刑罰を受けることはない。タレントの場合は番組降板や一時的な休業、一般の会社員であれば、悪くても左遷される程度で済むだろう。

 しかし、時代や国が違ったらどうだろうか。不倫が発覚した有名人たちには、「姦通罪」が適用されていたかもしれない。姦通罪とは、婚姻して配偶者のある者が、配偶者以外の者と性的関係を持つことによる犯罪である。日本では、夫のある女性に対して規定されており、かつては禁錮刑などの対象だったが、1947年に刑法から姦通罪を禁じる条文が削除された。

“自宅不倫”の矢口真里は、その場で切り捨てられていた?


 日本では古くから不倫は重罪とされており、罪が認められれば死罪になることもあった。また、当事者のみならず、協力者も厳罰の対象とされた。

 例えば、「夫=家の主」という封建制が色濃かった江戸時代においては、妻の不義密通を目撃した場合、夫はその場で妻と間男を切り捨ててもかまわなかったという。

 13年にタレントの矢口真里がモデルの梅田賢三との“自宅不倫”を当時の夫・中村昌也に目撃されるという騒動が起きたが、世が世なら、矢口は中村に切り捨てられていたかもしれないのだ。

 ただし、不倫しているのが夫の場合、事情が少々変わってくる。戦前の日本では、側室や妾を持つことが男の甲斐性とされ、人妻が相手でなければ、いくら不倫をしてもお咎めなしだった。

 かつての姦通罪も、あくまで妻の不倫が対象であり、夫の告訴によって妻は6カ月以上2年以下の禁錮刑に処された。ただし、人妻と不倫した場合は男側も無傷では済まず、相手の男に対しても姦通罪が適用された。江戸時代から戦前までの日本では、不倫という「罪」は「夫=家の主」を守るという意味合いがあったのである。

いまだに姦通罪が成立するアメリカや中国


 諸外国でも、姦通罪で問題とされるのは妻側だが、例外は韓国だ。韓国の姦通罪は、妻が夫を訴えることができるという世界的にも珍しいもので、妻の主張が認められると、不倫した夫に2年以下の懲役が科せられていた。