NEW

母子の拉致監禁を題材にした『ルーム』が共感を呼ぶ理由ーー“母親たちの物語”として観る

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 現在公開中の『ルーム』は、ある日突然拉致・監禁された女性が、犯人との間に生まれた子どもと共に脱出を目指すショッキングな設定の物語である。こういった“拉致監禁モノ”は、『悪魔のえじき』のように凌辱とその後の復讐をエゲツなく描写したものや、『隣の家の少女』のように実話をもとにした凄惨なものまで、数えきれないほど映画化されてきた。『ルーム』がこれらと大きく違うのは、過酷な監禁中の生活だけでなく、脱出後の生活を淡々と生々しく描いているところ。そして、母親と息子二つの視点が存在するという点だ。

 
5歳の息子ジャックは脱出するまで、自身がとらわれていた“部屋”以外の世界を知らなかった。“部屋”での生活は外の世界に比べれば劣悪だが、比較対象が存在しないため、“監禁されている”という事実すら認識することはない。それゆえ彼の視点から見た物語は、不安と希望に満ちた成長譚の一面を持つことになる。一方、外の世界を知る母親・ジョイにとっての監禁生活は筆舌に尽くしがたい過酷なもの。その上、子どもを犯人の手から守らなくてはならないのである。そして、脱出後は元の世界に適応すること、そして何より息子を育てることに苦しむことになるのである。ショッキングな設定からスタートしているが、脱出後には一人の母親が困難に直面する物語へと変化していくのである。本作を観た方の多くは“拉致監禁モノ”の陰惨さや脱出のカタルシスではなく、共感を覚えるという。ここでは、その理由を母親・ジョイの監禁中・脱出後の描写から考えてみよう。

続きはこちら