NEW

ラグビー日本代表、大健闘から半年で崩壊&連戦連敗…元凶はラグビー協会の機能不全!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エディー・ジョーンズ氏(「日本ラグビーフットボール協会 HP」より)

 2015年のラグビーワールドカップ(W杯)イングランド大会で、ヘッドコーチとして日本代表を3勝に導いたエディー・ジョーンズ氏は、今や世界のラグビー界のリーダーである。

 ジョーンズ氏はイングランドの監督として、2月から3月にかけて行われた欧州6カ国対抗のRBSシックス・ネイションズで5戦5勝のグランドスラム(全戦優勝)を果たした。これは2003年以来のことだ。2位以下の順位はウェールズ、アイルランド、スコットランド、フランス、イタリアの順だった。

 15年12月からイングランド代表を率いることになったジョーンズ氏は、チームの新主将に29歳のフッカー、ディラン・ハートリー選手を指名した。

 08年に代表デビューし、66キャップを獲得したハートリー選手は、かみつきや頭突きなど暴力行為で度重なる出場停止処分を受け、昨年のW杯のメンバーからも外された。

 そんななかでジョーンズ監督はハートリー選手を「戦術的かつ情熱的に引っ張ってくれると確信している」と高く評価した。暴れん坊の問題児を新しいチームリーダーに起用し、昨年のW杯で1次リーグ敗退したラクビーの母国、イングランドを短期間のうちに再建した。

 ジョーンズ氏が去った日本チームのサンウルブズは、南半球の強豪クラブが集うスーパーラグビー(SR)に参戦した。初戦のライオンズ(南アフリカ)戦は13-26と敗戦、2戦目のチーターズ(南アフリカ)戦も31-32と惜敗はしたが、それなりに健闘したといえる。

 ところが、3戦目のレベルズ(オーストラリア)には9-35と完敗。初めてノートライに終わった。2度の善戦で自信が膨らみかけたところに冷や水を浴びせられる結果になった。

 その後も、勝利から遠のいている。4戦目はブルズ(南アフリカ)に27-30で、5戦目もキングズ(南アフリカ)に28-33で敗れた。キングズとは全敗対決だったが、それに負けたことで開幕5連敗と勝利をなかなか手にできないでいる。

日本のラグビーの体制に不満

 ジョーンズ氏は3月31日、指導者セミナーに講師として招かれて来日した。そこで、SRに参戦し白星なしの5連敗中というサンウルブズについて、記者たちから意見を聞かれたジョーンズ氏は、こう語っている。

「SRを見て落胆するのは、代表チームがプレーしていないことと、若い選手を育成する部分がないことだ」