NEW

「きちんと失敗している人が強い」…40代で起業・独立して成功した人に共通する法則

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『絶対に後悔しない! 45歳からの起業の心得』(上野光夫著、明日香出版社刊)

■40代から50代前半が起業の適齢期

 学生が会社を立ち上げる、いわゆる「学生起業」はもはや珍しいことではなく、若くして成功した経営者はメディアで大きく報じられるため、起業する人の年齢がどんどん低下しているように思っている人は多いのではないか。

 しかし、実際の起業件数でいえば、30代以降の起業の方が圧倒的に多く、特に40代と50代で全体の約半数にも及ぶ。依然、起業はある程度ビジネス経験を積んだ社会人がメインなのだ。

 ただし、年齢を重ねてからの起業には、特有の難しさがつきまとう。結婚し家庭を持つ年齢のため、そもそも「会社を辞めて独立する」という決断がなかなかできないのだ。

 『絶対に後悔しない! 45歳からの起業の心得』(上野光夫著、明日香出版社刊)には、起業を成功さえるための様々なノウハウとともに、「家族のために安定した生活をした方がいいのでは?」という迷いを断ち切って起業し、成功している人の共通点が挙げられている。

■「きちんと失敗している人」は強い

 本書の著者で起業支援コンサルタントの上野光夫さんによると、40代以降で起業し、成功している人の大半は会社員時代に、左遷されたり、社内の派閥争いに敗れたりといった大きな失敗や挫折を味わっているそう。

 起業で成功する人は会社員時代から優秀で「負け知らず」な人のように思えるが、決してそんなことはないのだ。

 会社員時代に失敗や挫折を味わった人は、自分が起業する時にその経験を必死に糧にしようとするし、リスクを想定する能力も上がる。起業を考えているのなら、挫折も失敗も会社員のうちにしておいた方がいい。

■「好きなこと」か「できること」か、という永遠の問い

 起業をする時に「好きなこと」をビジネスにするか、「できること」をビジネスにするか、というのはよく議論されるテーマだが、40代を過ぎて起業するならば前者を、それも「寝食を忘れるほど好きなこと」をビジネスにするべきだ。

 年齢を考えても、再度起業するチャンスがあるかはわからない。それならば自分の好きなことを存分にやったほうがいいし、その方が起業してから幾度となく訪れるであろう「ピンチ」の時に、何とか乗り切ってやろうという気力が湧いてくるというものだ。

 好きなことを続ける一途さと、環境の変化に対応する柔軟性。これが40代以降で起業を成功させた人の共通点である。

■「無駄なこと」「無理なこと」を恐れるな!

 言うまでもなく「会社員として優秀だった人」が経営者としても優秀かどうかはわからない。