NEW
前川修満「会計士に隠しごとはできない」

過去最悪決算の危機マック、実は今年必ず黒字化する理由…アベノミクスで逆風下に立った企業

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マクドナルドの店舗(撮影=編集部)
 2015年度の日本マクドナルドホールディングスは、売上高1894億円、営業利益マイナス234億円、当期純利益マイナス349億円という、上場以来最悪の業績発表となりました。


 このような報道に接しながらも、筆者は以下に述べる理由にもとづき、16年度のマクドナルドは赤字経営を克服して黒字化すると予想しております。

 意外に思われる向きも多いと思いますが、マクドナルドの決算期は毎年1~12月の1年間ですが、第1四半期も経過していない3月下旬の時点(本稿執筆時)おいて、「16年度のマクドナルドは通期で黒字」と断定することには躊躇がないわけではありません。しかしながら、これから述べる下記の要素を踏まえるならば、マクドナルドは極めて高い確率で16年度は黒字決算で収支することがわかるのです。

食品不祥事だけではなかった?人気が凋落した理由

 
 まず、近年のマクドナルドの不人気について少し言及したいと思います。

 かつてマクドナルドでは、現場の店員をかたちだけの管理職(店長)にしてサービス残業をさせ、過重な労働を強要するということがありました。これによって「マクドナルドはブラック企業」との評判がたちました。今どきの小売業、とくに外食産業において、このような評判は店舗の集客力を一気に低下させます。

 こうした要因も影響し、14年夏に起きた消費期限切れ食品使用問題では、直接の不祥事を起こしたのはマクドナルドではなく中国・上海福喜食品であったにもかかわらず、世間はマクドナルドに同情しませんでした。続いて15年に発生したフライドポテトに人の歯が入っていたという事件においても同様でした。

 さらに悪いことに、釈明の記者会見に経営トップのサラ・カサノバ社長は現れず、2人の執行役員に記者会見を代行させました。07年、アパホテルが運営する京都市内の2つのホテルで耐震強度の不足による使用禁止の勧告を同市から受けたことについて、名物女性社長の元谷芙美子氏が涙ながらに謝罪をし、報道陣の前で深々と頭を下げた事例とは対照的です。

 本来であれば、カサノバ社長も元谷社長と同じように矢面に立つべきでした。いったん矢面に立った人間というのは、それなりに一目置かれます。また、経営トップはほかの幹部や従業員の代わりに恥をかいたり矢面に立ったりすることも重要です。にもかかわらずカサノバ社長は矢面に立たず海外出張に出かけました。これでは、世間に次のようなイメージを植え付けてしまいます。