NEW

意外に“スッキリ”せず!? 「ハリセンボン」近藤春菜、早くもMCからリポーターに配置換え?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0420_haruna.jpg

 知人男性から無利子で1億7000万円の融資を受けた騒動で話題を集めた上重聡アナウンサーの卒業にともない、後任として日本テレビ系情報番組「スッキリ!!」のMCに起用されたお笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜。「極楽とんぼ」の加藤浩次とのコンビで高視聴率が期待されたが、結果的にその効果はいまいちという状況だ。

「春菜といえば、好感度も高く、トーク力もあり、とくにアドリブ能力の高さは業界内でも高く評価されており、うちとしてもかなり期待していたのですが、“数字”を見ると思うような効果は出ていないというのが実状です」とは同局の編成担当。

 同番組の視聴率の苦戦を受けて、同局の上層部からはこんな意見も出ているという。

「『春菜さんは芸人としての腕はあるものの、朝の情報番組向きではないのかもしれない。朝の視聴者は、素直にストレートな情報を求めてチャンネルをひねっているのであって、ギャグをかましたところでスベッてしまうだけ。とくに発言の機会が多いMCならばなおさら』とのことです」(前出の編成担当)

 もっともらしい意見ではあるが、そもそも春菜はそういった朝の情報番組の前提を覆す存在として起用された部分もあり、「上層部の意見には、局内でも『何を今さら』という声がもっぱらです。ある意味でMCにブッキングされた春菜も被害者ですよ」(同編成担当)

 そうした中、同番組では早くもテコ入れとして、春菜の“配置換え”も検討しているとか。 同番組関係者はこう語る。

「春菜さんには、スタジオのMCではなく、現場リポーターとして活躍してもらおうと、ひそかに起用方針を転換しようとしているそうです。それなら最初からそうすればいいし、1度MCに決めたのなら、もう少し長い目で見てあげればいいと思うのですが…」

 老若男女に愛される好感度の高さで“ポストベッキー”の呼び声も高かった春菜だが、すっかり功をあせる日テレに振り回されてしまっているようだ。

(文=JAPAN芸能カルチャー研究所