NEW

ファスナー世界最大手YKK、30年前からコーヒー事業の謎…突然墨田区に出店で話題騒然!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京・墨田区のカフェ・ボンフィーノ本店
 今年1月、YKKのグループ会社であるカフェ・ボンフィーノが、東京・墨田区にカフェ店舗をオープンさせたことが話題になった。YKKといえば、スライドファスナーの生産で世界シェア約45%を誇る有名企業だ。


 そのYKKが、なぜ今カフェをオープンさせたのか。サードウェーブコーヒーがブームだからだろうか。いろいろな疑問を抱えつつ、実際に店舗に行ってみた。

 JR両国駅が最寄りのカフェ・ボンフィーノ本店は、いわゆるテナントではなく、YKKグループのビル敷地内に建てられた独立型の平屋建てカフェだ。外観、内装ともにオフホワイトやベージュが基調となっており、落ち着いた佇まいである。

店舗外観
天井が高く席数の少ない店内

 店内に入った際の第一印象は、「なんか広い!」。天井が高いこともあるが、それ以上に椅子の数が少なく、わずか10席ほどしかない。思わず、「これで経営が成り立つのか? もしかして、客単価がすごく高いのでは?」と心配になったが、「ハンドドリップコーヒー」は1杯400円。上質なコーヒーでこの値段は、むしろ良心的なほうだろう。

コーヒーとケーキのセット

 肝心の味は、うまく言えないが、丁寧な味わいを感じた。コーヒーカップとソーサーは使い捨てではなく白い陶器製で、店員の接客もガツガツしていなくて居心地がいい。悪くはない。悪くはないが、なんとなくあっさりとした、この違和感はなんだろう……と思って振り返ると、こんなボードが立っていた。

店内のレイアウトが変更できる旨が書かれたボード
ボードは店の内側を向いて置いてあった

 後に調べると、ボンフィーノ本店の機能は、

(1)「カフェ・ボンフィーノ」を紹介する施設
(2)カフェ提供
(3)メニュー開発のためのスペース
(4)焙煎業務の基地
(5)フランチャイズ加盟店開拓の拠点

 となっていた。ボンフィーノ本店は、不動産会社のモデルハウスならぬ、営業もしている“モデルカフェ”というわけだ。店内のレイアウトに余裕があるのも、商売っ気が少なく感じるのも、そこが提案や開発の拠点でもあるからだ。

ブラジルの自家農園からコーヒー豆を直輸入するYKK


 YKKは1972年にファスナー事業でブラジルに進出、85年にはグループ会社のYKK農牧社がコーヒー事業をスタートし、現在もブラジルに自家農園を持っている。

 その自家農園でつくられる高品質なコーヒー豆を直輸入し、自家焙煎したコーヒーを短時間で供給する基地および他店舗展開への中核拠点。それが、ボンフィーノ本店なのだ。決して、サードウェーブコーヒーブームに乗っかってカフェを始めたわけではないようだ。