NEW

高リスクな不倫より風俗へ行け!湧き上がる性欲の積極的解消で人生に失敗しない

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 不倫でキャリアを台無しにしてしまう有名人が後を絶たないが、一般的にも、“セックススキャンダル”で人生につまずいてしまう中年男性は多い。不倫問題を一言で片付けるのは難しいが、その原因が「性欲」なのであれば、適度にコントロールするしか防止策はない。


 そこで、「性欲をマネジメントする」という考え方のリスク回避法について、セックス問題に詳しいライターの猫田仁氏に聞いた。

ナポレオンも提唱していた「性欲のマネジメント」


 ゲスなバンドマンと好感度タレントのスキャンダルに始まり、“育休議員”、大物落語家、そして今夏の参議院議員選挙に出馬を予定していたベストセラー作家など、築き上げた地位や名声を「不倫」で失墜させてしまう例が相次いでいる。

 不倫は犯罪ではないものの、現在の世論では、不倫を犯した者は犯罪者のように吊るし上げられ、過去の言動に至るまで掘り返されてバッシングを受け続ける。不倫は、社会的に非常にリスクの高い行為であることは間違いない。

 特に40歳前後のミドル世代は、時間的にも金銭的にも余裕があるため、不倫の誘惑に陥りやすい傾向がある。猫田氏は、「成功者ほど、不倫に走りがち」と語る。

「今年に入って話題になった不倫問題の主役たちは、それなりに成功を果たしたミドル男性です。時間やお金に余裕がある上、地位によって“モテ”を手に入れた男性は、まさに『不倫適齢期』といえます。特に、若い頃は仕事一辺倒で恋愛をおろそかにしてきた男性ほど、“わかりやすい報酬”として、女性を求めてしまいがちです」(猫田氏)

 そこで踏み出した不倫行為も、真摯な恋愛感情による結果なのであれば、部外者がとやかく言う話ではない。しかし、単純に性欲を満たしたいがためのものである場合、不倫はリスクが高すぎる。そこで猫田氏が提唱するのが、「性欲をマネジメントする」という考え方だ。

「『英雄、色を好む』。これは、成功した男性が大好きな言葉です。しかし、現代では、英雄は色に殺されます。そこで、『色』、つまり性欲をコントロールする方法が必要になってくるのです。

 ここで重要なのは、性欲をなくしていくことではないということです。“成功哲学の祖”といわれるナポレオン・ヒルの名著『思考は現実化する』にも、『強烈な性的エネルギーを願望実現や目標達成のエネルギーに転換せよ』と書かれています。性欲をマネジメントすることが、ビジネスのキャリア形成においても非常に役立つのです」(同)

 湧き上がる性欲と向き合い、それをむやみに抑圧するのではなく、「ポジティブに解消することに、もっと積極的になるべき」(同)というわけだ。