NEW

人が一番死ぬ日は何曜日!? 15年間の死亡データを米国が分析した意外な結果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】


 統計学――それは、事象と事象の関連(相関関係)を割り出し、その結びつきの理由(因果関係)を考察する学問である。統計を駆使することによって、さまざまな社会現象や人々の行動、システムの傾向を読み取ることができ、隠れた問題の改善や将来の予測さえも可能となる。

DeadliestDay_2.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 そして今回、科学サイト「Live Science」が、統計データを駆使してついに現代アメリカ人にとって「もっとも死が身近な日」を割り出すことに成功したという。果たして、アメリカ人が一番死ぬ日は何曜日だったのか? 早速、詳細についてお伝えしよう。

続きは【トカナ】で読む