NEW

【熊本地震】元慰安婦の義援金寄付に韓国人から批判殺到!「日本人を助けようとするなんて、理解できない」

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
saigai0422.jpg
イメージ画像(Thinkstockより)

【日刊サイゾーより】

 被害が拡大している熊本地震は海外でも関心が高く、韓国も例外ではない。14日以降、釜山など南部地域でも地震が発生しており、「これから世界的に“地震ドミノ”が起こるのではないのか」と不安視する声も上がっている。そんな中、元従軍慰安婦のキム・ボクトン氏とキル・ウォンオク氏が義援金として、それぞれ100万ウォン(約10万円)、30万ウォン(約3万円)の寄付を発表した。

 キム氏は「被災者たちが苦しんでいるのに、それを見ているだけではいけないと感じた。彼らを助けるため、募金したいと思った」と話している。キル氏も「私たちは日本人と闘っているわけではない。デモ(慰安婦問題解決を訴える駐韓日本大使館前の『水曜集会』のこと)に参加した人たちも、協力してほしい」と、市民に募金を呼びかけた。

 日本と因縁浅からぬ彼女たちの善行ともいえる行為には「寛容という言葉が失われつつある時代。ハルモニ(おばあさん)たちの姿から学ぶことが多い」「このような心が、韓国と日本に大きなきっかけになってほしい」など、称賛の声が寄せられている……

続きはこちら