NEW

岡田准一、宮崎あおいとの新居購入を検討…「不倫からの交際開始」の重い代償

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所(撮影=編集部)
「家を買おうと思ってるんだよね~」


 2月。人気ジャニーズアイドルグループV6の岡田准一はスタッフたちにこう話していた。

 岡田といえば3月15日発売の「フライデー」(講談社)にて、交際中の女優・宮崎あおいと同棲している様子が報じられたばかり。写真には2人でポルシェに乗っている姿も撮られ、結婚間近だとも報じられている。

 岡田と宮崎は08年に公開された映画『陰日向に咲く』で出会い、12年公開の映画『天地明察』で再共演したことがきっかけで交際。さらに、宮崎が俳優・高岡奏輔と結婚していた11年12月には「週刊文春」(文藝春秋)で不倫交際が報じられ、当時から2人の関係は泥沼化していた。

 不倫が報じられてからというもの、インターネット上では2人の交際について次のようにネガティブな意見が相次いだ。

「不倫からの結婚は、やっぱり認められない」
「宮崎あおいのしたたかさが嫌。岡田くんも本当にこういう女が好きだよなぁ……」
「さすがに、この2人の結婚は(ジャニーズ事務所社長の)ジャニー(喜多川)さんも認めない気がする。イメージが悪すぎるから」

 岡田は昨年、「第38回日本アカデミー賞」で最優秀助演男優賞(映画『蜩ノ記』)と最優秀主演男優賞(同『永遠の0』)のW受賞を果たす。俳優としても力をつけ、アイドルの枠を超えた活躍に、結婚によるファン離れは少ないのではないかという意見もあるが、女性ファンが大半を占めているため、簡単に片付く話ではないようだ。

 しかし、冒頭の言葉を聞いたスタッフが岡田に対し結婚の話を振ると、「え? 結婚しなきゃ家は買っちゃいけないの~?」と言葉を濁したという。

 かつて元KAT-TUNの赤西仁が事務所の承諾を得ることなく女優・黒木メイサと結婚し退社に追いやられるなど、本人の意思だけで結婚できないのはジャニーズタレントの宿命。宮崎とゴールまで行きつくには、まだ時間が必要かもしれない。
(文=編集部)