NEW

クドカン初の社会派ドラマ『ゆとりですがなにか』は、“ゆとり世代”の不安定さをどう描く?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 日曜夜10時から日本テレビ系で放送されている『ゆとりですがなにか』は、ゆとり世代と呼ばれる若者たちの姿を描いた社会派青春群像劇だ。脚本はクドカンこと宮藤官九郎。松尾スズキが主催する劇団「大人計画」に所属し、舞台、映画、バラエティなど様々なジャンルで活躍を見せる宮藤だが、彼の才能が最も発揮されるのは、やはりテレビドラマの脚本だろう。2000年に放送された『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系、以下、『IWGP』)以降、『木更津キャッツアイ』や『タイガー&ドラゴン』(ともにTBS系)といった若者向けドラマを執筆して、宮藤は新進気鋭の脚本家として高い評価を受け続けてきた。近年では2013年の連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)の大ヒットが記憶に新しい。

 「ゆとり世代」とは、2003年入学の高校一年生から改訂された学習指導要領の元におこなわれた「ゆとり教育」を受けた世代のことだ。ゆとり教育によって、学習内容は厳選され、授業時間が縮小されるようになり、学校は週休2日制となった。