NEW

テレビマンたちはナチス戦犯・アイヒマンをどう描いたか? 『アイヒマン・ショー』をめぐる考察

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 『シンドラーのリスト』(1993年)、『戦場のピアニスト』(2002年)、あるいは『ライフ・イズ・ビューティフル』(1997年)など、ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺、すなわち「ホロコースト」の問題を扱った映画は、これまで数多く存在する。近年では、強制収容所で死体処理を担当していた囚人“ゾンダーコマンド”を主人公とした『サウルの息子』(2015年)が大きな話題を集めていたことも記憶に新しい。そんな「ホロコースト」の現実を世界中に知らしめた……というよりも、それが単なる「歴史上の悲劇」ではなく、「現在と地続きのリアリティを持った出来事」であることを世界中の人々に周知したという意味で、ひとつ重要な事件が挙げられる。戦争終結から20年近く経った1961年、イスラエルで行われた「アイヒマン裁判」である。

 ナチスによる「ユダヤ人問題の最終的解決」、すなわち「ホロコースト」に関与した重要人物でありながら、終戦間際にドイツを脱出、逃亡生活を送っていた元ナチス親衛隊(SS)将校、アドルフ・アイヒマン。1960年、アルゼンチンはブエノスアイレスの地で、イスラエルの諜報機関モサドに身柄を拘束されたアイヒマンは、その後すぐにエルサレムに連行され、裁判にかけられることになる。

続きはこちら