NEW
松崎のり子「誰が貯めに金は成る」

貯蓄1千万円以上の人はデビットカード愛用者が多い?高いポイント還元率やキャッシュバック

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャパンネット銀行の「Visaデビット付キャッシュカード(ファミマTカード)」(「ジャパンネット銀行 公式サイト」より)
 4月から新年度に入り、将来への希望にあふれる新人を迎えた職場も多いことだろう。しかしながら、日本経済の新年度は、先行きがあまり明るくはないようだ。


 内閣府が発表する「景気ウォッチャー調査」(3月)の結果では、2~3カ月先の景気の先行きに対する判断指数が46.7と、前月を1.5ポイント下回り、景気横ばいを示す50を8カ月連続で下回った。

 さらに、4月14日以降に発生した熊本地震は、今後の景気指数にも影響を与えるだろう。筆者の個人的な意見として、2017年4月の消費増税には赤信号がともりつつあるのでは、と思っていたが、この震災で10%への税率アップはさらに厳しくなりそうだ。

 被災地の1日も早い復興をお祈りし、私たちにできる支援を考えていきたい。

現金派よりカード派のほうが、貯蓄額が高い?


 景気先行きが不透明な中、ますます将来への不安が高まり、消費より貯蓄に走るマインドが強くなりそうな感があるが、ここに面白い調査がある。

 ひとつは、昨年の調査になるが、株式会社ジェーシービーによる「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査」(15年3月)。もうひとつが、ビザ・ワールドワイドが今年2月に発表した「貯蓄賢者の買い物や貯蓄意識に関する調査」だ。

 前者の調査結果は、簡単にいえば、「現金派よりキャッシュレス派のほうが、平均貯蓄額が高い」「特にデビットカードへの認知・関心が高い層は、インターネットバンキングやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)をはじめ、オンラインサービスと親和性がある」というものだ。

 また、「1000万円以上の貯蓄を抱える30代男女600名を対象に調査」したという後者では、「貯蓄賢者は『論理性』が高く、さらにデビットカード保有者は、より『計画性』に長けることが判明」と結論付けている。

 各カード会社が“デビットカード推し”ということは、この調査結果を見ただけでも、よくわかるだろう。

「現金派よりキャッシュレス派のほうが、平均貯蓄額が高い」という結果については、筆者なりに意見がないでもないが、それは後回しにするとして、ここ最近、デビットカードの発行が花盛りなのだ。

 デビットカードとは、それを使って買い物をすると、自分の銀行口座から即時決済してくれるカードのことだ。日本での利用は、J-Debit(ジェイデビット)というサービスが始まりで、金融機関で発行されたキャッシュカードを買い物などの支払いに利用できるというものだった。

『お金の常識が変わる 貯まる技術』

得するつもりが損してる。それが“貯まらない人”。「こんなことでお金って貯まるんだ!」続かない、めんどくさい、なまけちゃう……そんな人のための、お金の貯め方・守り方。「お金の知恵」を20年以上取材した元・雑誌副編集長が教える!!

amazon_associate_logo.jpg